「よーいち」個人が作っているページです。


  私のひとこと     奉仕を義務にさせるな

私のひとこと
シリーズ
奉仕を義務にさせない
禁煙表示をやめよう
NHKに払わない法
マザーテレサの国葬
リンク

 「奉仕活動」はボランティアではない
 一般には奉仕活動というと、老人や障害者の介護、困窮者への支援など、 困っている人を助けるようなことをイメージする。 ボランティアとイメージを重ねる。 でも、ボランティアは自主的なものをさす。義務でやっているのはボランティアではない。 政府が言い出した「奉仕活動」は義務なのだから、大部分はいやいややるわけだ。 人を介護するのもよい経験になるからやらせてもいいというのなら、 初めから介護とか支援義務を提案して議論すればいい。
 でも政府はそれができない理由がある。 政府が考えている「奉仕活動」は介護や困窮者支援(だけ)ではないからだ。
 社会福祉に政府は金を出せ
 タンカーが転覆して流れ出した重油の除去作業、洪水で進水した家の掃除、老人介護、、、 これらはみんな、政府がきちんとやるべき仕事じゃない? なぜ政府がきちんと予算をとってやらないの?  赤字だから? 人々はそんな作業をやるほど黒字なの?  ボランティアじゃなくて、労働の対価を政府が出すべきでしょう。 政府が労賃を出すのが非現実的だとしても、きちんと業者を使ってやるべきだ。
 政府がきちんと対応していれば、神戸の震災のときもボランティアがあんなに苦労しなくてもよかったのだ。 政府は費用を出せ。

 奉仕で資本家喜ぶ
 それから、義務にするということは、それに従わない人は違法だということだ。 こんなあいまいな「奉仕活動」を義務にしてしまうと、何をさせられるか分からない。
 たとえば首相官邸の掃除も入ってくるかも。 老人ホームの経営者はホクホクだろう。なにしろ職員を減らせる。いくらでもただで働いてくれるんだからね。 会社で働かされれば全国の資本家たちが大量の無料労働力を手に入れることができるわけだ。 しかも会社としては、「知識も技術もない子供を受け入れるのは損害だ」とでも言っておけば筋は通る。
 政府の最終目標は....
 それも普通の会社ならまだしも、三菱とか東芝とか石川島播磨の軍需工場で戦争に加担させられるかも。 いやいや原発でうちの子が働かされることになっても、拒否したら違法だぞ。 「そんなことはないだろう」なんて楽観する根拠はない。
 いったん「奉仕活動が義務」と決まってしまえば、あとはその範囲を広げるだけ。 消費税だって初めは「3%です。上げる考えはありません」なんて言ってたんだ。
 そうだ。政府の最終目標は自衛隊だ。 義務で割り当てられたら行くしかないだろう。 これぞ徴兵制だ。国民全員が義務で一定期間、自衛隊すなわち軍隊にいかなきゃならなくなる。 最近は日本軍も海外派兵して、アメリカ軍の後方支援とかしてるし。 前は海外派兵だってしてなかったのに。そのうち戦争に直接手を出すぞ。 子供たちに戦争をさせるな。  

トップページ
Copyright (C) 2002  よーいち個人のサイトです。