本名、滝田祐作。

昭和7年(1932)3月1日、東京都墨田区東向島(旧表記、向島区寺島町5丁目)に生まれる。
昭和26年(1951)、「のらくろ」シリーズなどを描いた田河水泡の内弟子となり、 同氏の紹介で、翌27年、「漫画少年」(学童社)の「クイズ漫画」でデビューする。

昭和31年(1956)ごろより10年ほどの間、「カックン親父」などの貸本屋向けのマンガ単行本を描く。
昭和42年(1967)より、「月刊ガロ」(青林堂)に作品を発表し始め、 同誌の昭和43年12月号より連載された「寺島町奇譚」シリーズが多くの文化人に絶賛され、注目を集めた。

折からの青年コミックブームも手伝って、活躍の場を、青年コミック誌、文芸誌に広げた滝田は、 マンガのみならず、イラスト、挿絵、エッセーに挑戦。独特の視点で描かれるその内容は多くの読者を魅了してやまない。

クリクリ坊主に着流し姿がトレードマーク。TVのクイズ番組、CMなどにも起用され、人気者となった。

昭和57年(1982)10月、脳血栓症で倒れたが、左手の麻痺を克服し、イラスト、エッセーなどで変わらぬ活動振りを見せた。

平成2年(1990)8月25日、肝不全のため逝去した。享年58歳。
「分相応な死に様で結構満足である。皆様お世話になりました。さようなら。」が遺書であった。


  【受賞暦】

昭和49年(1974)
第20回文藝春秋漫画賞受賞
「怨歌橋百景」他一連の下町作品への評価による

昭和62年(1987)
第16回日本漫画家協会賞大賞受賞
「裏町セレナーデ」に代表されるあたたかくて
人情味あふれるタッチは漫画の中でも独立した
一つのジャンルとして確立されていると評価される。

平成2年(1990)
勲四等瑞宝章受賞

昭和53年(1978)
きもの普及賞受賞
(財団法人 民族衣装普及協会)

昭和56年(1981)
ベスト・ドレスト・アイズ賞受賞
(ベスト・ドレスト・アイズ運営委員会)