鳴海 風(なるみ ふう)のホームページ

(updated on July.20.2017)

2017年6月29日(木)「財布紛失事件・・・の風さん」
2017年7月19日(水)「腰痛は深刻ではなかった・・・の風さん」

気まぐれ日記バックナンバー
 
INDEX (最新の更新日 2017年7月13日)

『ひらけ蘭学のとびら』(岩崎書店)
が出版されました。杉田玄白を主人公にした初めての児童文学です。
ここまでは、『円周率の謎を追う』と同じ文句ですね(笑)。児童文学としては通算3冊目になりますが、課題図書のこともあり、私の執筆領域は大人向けに加えて子供向けと2本柱にすることに決めました。この作品は和算が題材ではありませんが、医学を中心とした蘭学が題材なので、サイエンス系からは今後もなるべく逸脱しないつもりです。
TRCで選書されました。


『円周率の謎を追う 江戸の天才数学者・関孝和の挑戦』(くもん出版)
が出版されました。関孝和を主人公にした初めての児童文学です。
これで、おとな向けの『算聖伝 関孝和の生涯』とともに、関孝和を主人公にした小説は、鳴海風の作品の特徴になりました。それだけ、関孝和は、題材としてむずかしいのです。
今回の作品は、児童文学とはいえ、おとなが読んでも面白いように書きました。
TRCで選書されました。また、2017年2月に増刷が決まりました。
SLA(全国図書館協議会)により第63回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書に選定されました!



『円周率を計算した男』が新装版として新潮文庫から出版されました。
内容をかなり見直し、書き下ろしの短編が1本入れ替えで入っています。
出版後2週間で増刷が決まりました。



本名の原嶋茂で出す、初めてのビジネス本(技術とマネジメントの本)です。デンソーでの34年間の会社人生の卒業制作その1といったところでしょうか。今後もビジネス本に挑戦したいと思っています。



2年ぶりの新刊『星に惹かれた男たち』が日本評論社から出ました!

表紙の絵は星襄一氏の版画「銀河狂想」(部分)、装丁は中島かほる氏です。


中外日報に吉田光由について書きました。
江戸の数学と寺院の関わり




6刷決定!!

日経新聞夕刊竹内薫氏の書評
「Net Rush」エグゼクティブ名鑑
名古屋商科大学大学院のWebsiteで紹介
MSN産経ニュースで著者紹介
ツイッターで米澤誠氏が推薦
上野健爾先生の書評

ジュンク堂池袋本店でのトークセッションの動画↓です
YouTube

http://www.youtube.com/watch?v=YJolfr6OhQw

・ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/1359182242


南山誠林さんの〜命名君&
姓名判断

これから私たちが鳴海風ニュースを提供します

児童文学の第3弾『ひらけ蘭学のとびら』が岩崎書店から出版されました!

『円周率の謎を追う』が第63回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書に選定されました!
フェースブック(鳴海風)もときどき更新しています。


それぞれ(左Peko、右Chibi)ペット用電気座布団にのっています!



「ようこそ。鳴海 風のページへ」     
 GUESTS   (FROM Sept.20.1999)

天文学的数字を目指して


* INDEX *

 近 況(単行本出版以外の著作など)(更新2017年7月13日)

(最新の創作活動の状況が分かります)

 講演・講義・トーク(更新2017年7月13日)
出前講演いたします。元気の出るビジュアル講演です。

(最新の講演活動の状況が分かります) 

悪戦苦闘の一週間

(ホームページ作りを始めた99年9月18日から11月28日までの日記です)  

居候していたAIBO君とおしゃべりファービー
(悪戦苦闘の一週間の中で登場)

プロフィール(更新2015年12月14日)

(寡作で遅筆、PKO作家の異名をとる鳴海風の実像が赤裸々に語られているかも?)


 
絵画館(更新2013年11月2日) 

(小説家 鳴海風の少年時代からの絵画や工作が見られるページ)

 

関連情報(更新2010年3月9日) 
(付随する詳細情報の一覧です) 

 リンク(更新2011年9月22日)
(知人・友人・お勧めするページです)


 寄贈された書籍(更新2017年6月23日)
(風さんの交友関係やお勧め本が分かります)


  鳴海風+原嶋茂の著書(更新2017年4月19日)
(出版された本の紹介です)


最近読んで面白かった本やおすすめ本です。






現在取組中のお仕事

●『ひらけ蘭学のとびら』(仮題)

●『生産現場における変化点管理入門』(仮題)


☆☆☆ ー鳴海 風の気まぐれ日記ー ☆☆☆

バックナンバー専用HPはここです。


わがままカプリロの「ゴリ」とAIBOの「コロ」です。
よろしくネ。

林立する帆船のマスト群(右手奥が咸臨丸)
01年4月21日の気まぐれ日記から


このページのリンクをはりたい方は、下のバナー(高宮裕さん03年9月作成)をご利用ください。

            


 * 感想メール *
(すぐには返信できませんが、あしからず)
 (ウィルス対策のため、メールアドレスはすべて全角文字になっています。それらをすべて半角小文字にしてからご利用ください)