インターネットランド/©TWO-WAY/授業・教科/国語/4年生/

【同時進行の向山型国語4年(教育出版)】 2005年12月9日(金)

「便利」ということ 説明文を三つに分ける2

TOSSシグナス札幌向山型国語研究会  田上大輔

 
  1.  読み先習フラッシュカードのあと,漢字スキル2の右ページ3つ。
     
  2.  続いて,辞書引き2問。
     
  3.  これまでやった暗唱を2分ほど。
     
  4.  教科書は,一人ずつ1文ごと読ませる。
     その後昨日の続き。
    「この説明文を三つに分けるとしたらどこで分かれますか。」
     昨日と考えが変わった子もいるので,数分時間をとり,もう一度ノートに段落番号で書かせた。
     
  5.  最初の分かれ目は

    (1)~(4)  友人と耳の不自由な人の話,友人の体験
    (1)~(8)  便利とはどういうことか

    と2つ。
     どちらから選ばせず,2つめの分かれ目を発表させた。
     2つ目は,

    (5)~(8)  便利とは,改めて考えた
    (5)~(14) 便利とはということと道具について
    (9)~(11) 道具について
    (9)~(14) 身近で生まれ変わったもの

    となった。
     班でこれだけは違うというものを1つ選ばせ,(5)~(14)は違うということになった。
     また,同じように1つ選ばせ,(9)~(11)も違うという結論に。
     
  6.  ということで,意見は,

    (1)~(4)
    (5)~(8)
    (9)~(15)


    というものと,

    (1)~(8)
    (9)~(14)
    (15)


    というものの2つに分かれた。
     どちらか選ばせると最初のほうが13名,後のほうが17名。
     それぞれ同じ意見の子で集まらせて作戦会議。
     時間になったので次に討論することを告げ,授業を終えた。
     

 同時進行の向山型国語4年(教育出版)TOPページへ

兄弟サイト 「算数実践日記(教出4年)」(赤塚邦彦氏作成)へ

Copyrightsc2000 TOSS(Teacher's Organization of Skill Sharing)All rights reserved
 TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)
 このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。
 リンクについてもお問い合せください。