インターネットランド/©TWO-WAY/授業・教科/国語/4年生/

【同時進行の向山型国語4年(教育出版)】 2005年12月6日(火)

「便利」ということ 音読練習1

TOSSシグナス札幌向山型国語研究会  田上大輔

 
  1.  昨日練習した漢字を空書きさせる。
     よくできていた。
     今日も3つ練習。
     
  2.  続いて,辞書引き。
     2問出題。
    「一発勝負がしたい!」
    というリクエストにこたえ,2つ目は「らっぱ」を一発勝負で引かせる。
     見事1発でそのページを開けた子が数名いた。
     
  3.  次に,暗唱。
     「平家物語」を合格した子にも試験官をさせ,3分間テスト。
     月の異名の練習もする。
      
  4.  教科書は新しいところで,便利ということ。
     まずは音読練習。
     1ページ程度の範囲で「追い読み+その範囲の一人読み」をする。
     段落番号を降らせ,教室を半分に分けての交替読み。
      
  5.  音読練習になるとサボろうとする男子が1名。
     机間巡視を有効に活用し,プレッシャーをかけ読ませる。
     

 同時進行の向山型国語4年(教育出版)TOPページへ

兄弟サイト 「算数実践日記(教出4年)」(赤塚邦彦氏作成)へ

Copyrightsc2000 TOSS(Teacher's Organization of Skill Sharing)All rights reserved
 TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)
 このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。
 リンクについてもお問い合せください。