インターネットランド/©TWO-WAY/授業・教科/国語/4年生/

【同時進行の向山型国語4年(教育出版)】 2006年2月14日(火)

「段落と段落のつながりを考えて書こう」 常体と敬体(2)

TOSSシグナス札幌向山型国語研究会  田上大輔

  
  1.  今日は2時間国語があるので,漢字スキル8右側5問の練習を行う。
     学級閉鎖明けで若干どんよりした雰囲気。
     
  2.  その後,辞書引き。
     
  3.  村野聡先生の作文ワーク「常体と敬体を使い分けよう」のステップ2。
     常体は敬体に,敬体は常体に直すワーク。
     過去形,未来形を常体に直すところで数名迷っていた。
      
  4.  その後,ステップ3。
     6つのテーマから選んで作文を書く。
     一番人気は「血も氷るようなこわい話を書きましょう。(常体の文章)」であった。
     ものすごい集中力で書き続ける子ども達。
     あっという間に時間が過ぎた。
     常体,敬体の使い分けは良くできていた。
     

 同時進行の向山型国語4年(教育出版)TOPページへ

兄弟サイト 「算数実践日記(教出4年)」(赤塚邦彦氏作成)へ

Copyrightsc2000 TOSS(Teacher's Organization of Skill Sharing)All rights reserved
 TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)
 このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。
 リンクについてもお問い合せください。