アトピーに対するスキンケアの役割は、大きく分けて以下の3つになると思います。

 @皮膚の清潔・洗浄
    乾燥型のアトピー、またはカユミのために掻き崩したアトピー皮膚では、角質層がはがれ細菌やウィルスに感染し易い状態です。またアトピーの直接の原因である抗原が、体内に侵入し易い状態でもあります。その様な時でも細菌やウイルス、抗原を洗い流す事によって未然に化膿したりヘルペスになったりすることを防いだり、アレルギー反応を防ぐために必要です。
    じゅくじゅく型のアトピーでは、滲出液中で黄色ぶどう球菌などが増えやすく、それらの菌が増えると菌が出す毒素により炎症がさらに悪化してきますが、洗浄して清潔に保つ事によりそれらは、ずいぶん改善されていきます。
    あせ・ほこり・化粧などをキレイに取り去り、皮膚呼吸をし易くし、睡眠中の皮膚の新陳代謝を高める。

 
A皮膚の保護
    現代の環境中には、あまりにも多くのアトピー悪化要因が存在します。例えば、紫外線(少量なら好影響と言われていますが)、排気ガス、環境ホルモン、花粉、ペットの毛などなど、それらから肌を守っていかなければいけません。

 
B皮膚のコンディショニング作り
    表皮・真皮・皮下組織で構成された皮膚組織内及び皮膚上で自然治癒力が正常に働く様に、保湿された状態を維持し、皮膚常在菌のバランスを正しく維持する必要があります。
    また、掻き崩さないようにスキンケアによって患部の余分な熱を取り、カユミを静めて行くことも大切な役割の1つです。

   以上のようなスキンケアをコツコツと続けていくとどのような効果がでてくるのか。
   確実に皮膚組織内での自然治癒力が高まってきます、その結果炎症を自分の力で静めようとする多くのメカニズムが働くようになり、アトピーが鎮静化して綺麗な肌を取り戻す事ができます。
   そのメカニズムは、フィードバックを繰り返しながら作られるので、ある程度の期間がどうしても必要になってきますが。