アトピー性皮膚炎は現代病の代表格の一つとして、近年急激な増加傾向にあることは間違い有りません。その発症に至るメカニズムは、まだまだ完全に解明されていません、いやむしろ、ほとんど分かってはいないと言うのが現状ではないでしょうか。
そのためにアトピーの原因についても、諸説入り乱れて混乱した状況が続いています。例えば、食物アレルギー説、ダニ・ハウスダスト・ペットの毛などによるアレルギー説、活性酸素説、ストレスによる自律神経失調説、回虫などがいなくなったことによる免疫力低下説、食の欧米化による免疫力低下説、シックハウスなどに代表される化学物質過敏症説、ダイオキシンなどの内分泌かく乱物質による影響説、エントロピーの増大説、環境の悪化による免疫力低下説、電磁波による免疫力低下説、等々 そのどれもが正解でもあり間違いでもあると当店では考えております。というのは、アトピー性皮膚炎という共通した病名の奥に潜んでいる原因は、各人各様であり、それも確実に複数存在するものと考えられます。だからアトピー克服のためのアプローチは、それぞれのアトピー患者の抱える悪化要因を優先順位の高いものから順次改善してゆくことが必要になります、そのためには、多くの改善例の経験を持つ専門家と共に二人三脚でしっかりとおこなって行くことが大切です。特にステロイドによるリバウンドも合わせてアプローチをおこなって行こうとお考えの方は、リバウンド時にさまざまなトラブルに遭遇することも考えられますので、素人の方とおこなわれる事は、避けられた方が賢明でしょう。

  つまり
アトピーというものは、現代の生活上の不自然さによる負荷の大きさが、自ら持つまたは、築き上げた許容量を超えた時に、その超えた部分がエネルギーに変換され、そのエネルギーを代謝するために炎症という形で放出しているものと考えています。ですからアトピーの方にとって炎症を出すという行為は、決して悪い事ではなく、むしろ生体内のバランスをとるために必要欠くべからざるものなのであります、けっして炎症やカユミなどの症状を抑える事のみに心を奪われてはいけません。だからと言って炎症を出すに任せておればいいのかというと、それはあまりにもカユミがつらく、みてくれもあまり良いものではないと思われるかたも多い。何とかできるものなら何とかしたいと考えている方に、ぜひ私は言いたい、「なんとかなりますよ!」と だけどなかなかほかっといては、治っていきません。治そうとする努力が要りますよ、コツコツと焦らずに積み重ねて行く事が必要ですよ、結局努力した分だけ良くなります、それ以上でもそれ以下でもありません。今までステロイドなどを使ってつらさを先送りにしてきた方は、その分だけ余分に努力がいるかもしれませんね。また一部にいま私の書いている事と同じようなことを言って、いろんな商品を売りつけている方がいますので注意して下さい。(ろくでもない商品の見分け方は、また別の項目で説明致します。)そのような手合に引っかかると努力した分が報われません、むしろ悪化して皮膚を傷めて来るケースも多々あります。自分の健康です、その相談相手は慎重に選んで下さい。

  アトピーの悪化の主体となす攻撃側因子、これは、直接的に体内でのエネルギーの増大をともなうもので、過食・高カロリー摂取・ストレス・掻く事・抗原との感作・運動不足・紫外線のあたり過ぎ・熱量の浴び過ぎ・便秘などがあり、防御力の許容量がこれを上回っていればいいのだが、防御力低下因子が、これは、免疫力の低下、消費エネルギーの低下を招くもので、化学物質・環境ホルモン・活性酸素・ストレス・冷え・偏食・運動不足・排泄(汗・尿・便など)機能の低下・バランスの崩れた腸内細菌・バランスの崩れた皮膚常在菌・過労などがありますが、多く存在することで許容量が減少してアトピーが発症している。この考えは、それによって起こる皮膚炎を肯定的にとらえています、もし皮膚炎として放出されなければ、違う所にその出口をみつけ炎症を発現させていたのではないかと考えられるからです。だからわたしは、これを薬などで押さえ出口をふさいでしまうような治療には、恐怖さえおぼえます。

  今のところ、この考えが当店のアトピーに対する基本的な考えです。これからさらに経験を積み重ね、さまざまな情報を得る事によって多少変わってくるかもしれませんが、現段階では、この考えがもっとも的を得ているものと確信しております。