彼こそ“シンデレラボーイ”

〜 シンデレラストーリー 〜
第19戦 完勝で姉ラティールに並ぶ5勝目


2003年5回京都5日( 11月 22日) 12R (写真)
サラ系3歳以上  (混)[指] 3歳 1000万円以下,4歳以上 2000万円以下 別定
1600m芝・右外 天候:晴 芝:良
着順 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 馬体重 調教師 人気
1 5 10 (父)シンデレラボーイ  牡4 57.0kg 安藤勝己 1:34.6   482Kg +2 中竹和也 1
2 4 8 ハウズトリックス  牡5 56.0kg 柴原央明 1:34.8 1 1/4馬身 498Kg 0 宮徹 11
3 6 12 エリモハリアー   せん3 54.0kg 北村浩平 1:34.8 クビ 440Kg +4 田所秀孝 4
4 7 14 (外)リーピングキャット 牝3 54.0kg D.ブフ 1:34.9 1/2馬身 448Kg -10 森秀行 8
5 3 6 ローカス      牝5 55.0kg 河北通 1:35.0 1/2馬身 454Kg -14 小野幸治 16
6 1 2 (父)マルブツトップ   牡3 54.0kg 長谷川浩大 1:35.1 クビ 474Kg -2 加用正 3
7 3 5 (抽)マコトホーシュン  牝5 55.0kg 渡辺薫彦 1:35.4 1 3/4馬身 474Kg +2 鮫島一歩 7
8 5 9 (父)エプソムソルジャー 牡5 57.0kg 金折知則 1:35.5 3/4馬身 462Kg +2 松元茂樹 12
9 7 13 (父)ヤマトサクセス   牡3 56.0kg 池添謙一 1:35.5 クビ 482Kg -10 田中章博 10
10 1 1 ナムラスピリット  牡6 57.0kg 武幸四郎 1:35.6 クビ 456Kg -4 橋本寿正 5
11 8 15 (外)シゲルフェニックス 牡5 57.0kg 松永幹夫 1:35.7 1/2馬身 472Kg -2 坪憲章 6
12 4 7 ビルアンドクー   牝5 55.0kg 武英智 1:35.8 3/4馬身 480Kg -2 武宏平 2
13 6 11 サマーオブキングス 牡3 56.0kg 福永祐一 1:36.1 1 3/4馬身 478Kg +6 伊藤正徳 9
14 2 4 (市)アグネスギンガ   牡3 53.0kg 高野容輔 1:36.2 1/2馬身 450Kg +4 瀬戸口勉 15
15 2 3 (抽)アイノビジン    牝6 55.0kg 幸英明 1:36.4 1 1/4馬身 444Kg +18 藤沢則雄 14
16 8 16 (外)サザンスズカ    牡6 54.0kg 南井大志 1:36.4 ハナ 502Kg +2 橋田満 13

ハロンタイム 12.5 - 10.8 - 11.3 - 12.2 - 12.2 - 11.7 - 11.9 - 12.0
上り  4F 46.9 - 3F 35.1
3コーナー 4,1,13(2,3)(5,10,12,15)(6,11)(7,8,14)9-16
4コーナー 4,1(2,13)(10,15)(5,3)(6,12,14)(7,11)8,9,16

レース単評
 連勝を期待しながらも7着に敗れたシンデレラボーイですが、再び安藤勝己騎手とのコンビで平場の自己条件戦に出走、単勝2.2倍の1番人気でスタートを迎える。
 まずまずのスタートを切ったシンデレラボーイですが、外からヤマトサクセス、内からアグネスギンガ、ナムラスピリットが先頭争いをするを見て無理には行かず、それらの馬を見るように直後の5〜6番手につける。アグネスギンガがナムラスピリット、ヤマトサクセスらを引き連れながら軽快に飛ばし、坂を上がって3コーナーを回る中、シンデレラボーイは第2集団の先頭でジッと我慢。残り600を過ぎたあたりから各馬外を回って押し上げ始めるが、シンデレラボーイの鞍上安藤勝己騎手はまだ手綱を絞ったまま動かない。4コーナーに入り各馬が一斉に押し出すと、ようやくシンデレラボーイも動き出し、内から外へ絶妙なコース取りで直線を向くときには、すでに先頭を射程圏内捕らえる位置まで押し上げる。直線で逃げるアグネスギンガを外からマルブツトップ、ナムラスピリットが捕らえようと迫った時、その外からシンデレラボーイが一気にこれらをかわしにかかりそのまま2着争いを尻目に余裕のゴール!!
 しかし、内で一旦先頭に立ったマルブツトップにシンデレラボーイが外から併せにいった時、ナムラスピリットが挟まれる形で武幸四郎騎手が立ち上がり、審議の青ランプがつく。「やっちゃったかぁ〜!!」と思ったのですが、なんとかお咎めなしで5勝目が確定!!しかも、この勝利が安藤勝己騎手の年間100勝目、JRA新人騎手初の年間100勝ということでJRA史上にシンデレラボーイの名が残るというおまけがつきました。
 冷や冷やものの5勝目は、姉ラティールも5勝目をあげたときも他の馬に迷惑をかけ審議になっていたことを思い出さずにはいられませんでした。

次へ →

シンデレラボーイの馬主さん、ノースヒルズマネジメントさんのホームページ


当ホームページにご意見、ご要望などありましたら、E-Mailをください!!
お便りお待ちしています!!