お名前 : 山崎潤市





■2004年にリリースされた音楽で良かったものベスト10を挙げてください。



クレイジーケンバンド ベスト 「Oldies but Goodies」
 ビブラート、不安定なピッチが心地よい。バックもジャズベースの丁寧なつくり。イイネの掛け声は余計
サンボマスター 「美しき人間の日々」
 なんてったって繊細なギターリフが心地よい。ただ怒鳴っているわけではない
スキマスイッチ 「夏雲ノイズ」
 歌謡曲フィールドギリギリでつくったポップ職人(アフロ)の絶妙なさじ加減。
平井堅 「SENTIMENTALovers」  
 ゲイのパーティー感とセンチメンタリズム感がよいほうにでた好盤。
m−flo 「INSIDE」
 今年一番聴いた1枚。日之内絵美の2曲は「せつな系ソウル」の金字塔
RIP SLYME 「MASTERPIECE」 
 DJフミヤもつくるバックトラックには日本の侘び、寂びがある
KREVA=新人クレバ
 Dr.Kのソロアルバムは、ストイックな音と歌心とやばすぎるスキルが満載の快作
東京事変「群青日和」
 バンド最高! ロック最高! バックの演奏がうまいって大事なのね。PVもよし
Othello & The Hipknotics 「classic」
 今のヒップホップ全般に生音率が上がっていますがその最たるもの。オーガニックものでは一番聞いた
BEAT CRUSADERS 「HIT IN THE USA」
 100%アメリカンギターポップ。これを聞くと、日本のJ-WALKなしみったれたメロコア、エモバンドが聴けなくなる

次点は年末に出た空気公団のライブアルバム、カーネーションのニューアルバム、アジカン、
マボロシ、ハルカリ、レッチリのベストといったところか





■2004年にリリースされた作品以外で、よく聴いた音楽があれば挙げてください。


サンボマスター「新しき日本語ロックの道と光」
 分類するなら、ネオアコに入ると思るハズ。日本語ロックと東洋大の財産(オレ流も)
aiko「暁のラブレター」
 去年の年末のだが、ホントに捨て曲が1曲もない。もっと評価すべき
畠山美由紀「WILD AND GENTLE」
 去年入れ忘れた1枚。冨田節炸裂の2曲だけで十分。今年のPort Of Notesのアルバムよりいまだにこっちのほうが聴く
VA「Queen's Fellows yuming 30th anniversary cover album」
 ちょっと前のCD。ユーミン最高(昔の)。クレイジーケンの出来が出色
スガシカオ「THE BEST HITS OF LIVE RECORDINGS−THANK YOU−」
 泣きメロ大全集。アルバムまではというスタンスにはちょうどよい
KICK THE CAN CREW「GOOD MUSIC」
  KREVA、LITTLEの活躍に触発されて再評価の1枚。若いラッパーはうまい
CARNATION「SPY FOR THE BAND」
 ここ3年くらいヘビーローテーションにもほどがある1枚。時給20円
BENZO「best selection」
 ここ3年くらいヘビーローテーションにもほどがある1枚。時給10円





■あなたの「今年のこの1曲」は?


平井堅「瞳を閉じて」
池袋西口公園で歌いたい曲1位。シングル版に入っている映画の音は切な過ぎ(因みに映画は未観賞)





■ライブ、DJイベント等々のベスト10を挙げてください。

raw life
安くて、熱くてよかった。 スクービードゥーとか、birdがよかった






■音楽以外でのベスト10があれば

毎度のグラビアアイドルベスト5
去年に水着写真集を出しているという前提で選んでます


相武紗季

 広末以来の他を寄せ付けないかわいさ。CMの活躍をみる限り演技もそこそこで、ブレイク必至。

岩佐真悠子

 グラビアのみに限れば、今年のMVPに文句なし。2004年のエロテロリストは絶対に「いわまゆ」だ

安田美沙子

 ナンバーワンのポテンシャルを秘めるアイフル娘。スタイル、ルックス、天然の3拍子揃った好選手

榮倉奈々
 
マイナー選手ではイオチシ。現セブンティーンのモデル。いまどきの宮崎あおいという感じ

亀井絵里

 去年も推していたモー娘。1の美少女ナンバーワンのキャメイちゃん。満を持しての写真集の出来栄えにも満足!







■自己紹介をどうぞ

31歳男性。建築雑誌の編集業務も8年目です




■今年はどんな年でしたか?
変わらないといえば、変わらない1年。
ヴィジュアルでは、現地を取材した新潟中越地震の惨状と、
プロ野球再編時のすぽるとでの古田の涙と、
浦和レッズの優勝の紙吹雪が印象に残っています。