おれ的わたし的ベスト 2005
  タケダ    レコスケweb  The Blues Of The 24 O’clock ミクシィid 95031

■今年リリースの音楽ベスト10
ALBUM

1.aiko /夢の中のまっすぐな道
 書く曲全曲名曲のaikoの中でも一際神々しい一枚。少女が大人になるとこうも歌が変わるのかと。

2.くるり /NIKKI
 くるりの中で「ポップソング」というテーマを追求した一作。いい意味で聴きやすい。

3.AL KOOPER /BLACK COFFEE
 衰え知らずのアル・クーパー。ディランの「ライク・アローリング・ストーン」でオルガンひいとった人やぜ。伝説。

4.COMMON /BE
 生音系ヒップホップの雄、コモンが作ったソウルの名作。マーヴィン・ゲイの「what's going on」を髣髴させる。これ一位にしてもいいな。ヒップホップ史に残る名作だと思う。

5.FRANZ FERDINAND /YOU COULD HAVE SO MUCH BETTER
 今一番イギリスの若手アーティストで人気があるであろうフランツ・フェルディナンドの2ND 。1STよりも活きがいい曲がそろっている。

6.LITTLE BARRIE /WE ARE LITTLE BARRIE
 なんかG・loveを髣髴させる生音ヒップホップグルーヴを軸にした、アーシーなロックををつむぎだすイギリス新人。サマソニでのライブもなかなかの人気でした。

7.LOS SUPER SEVEN /HEARD IT ON THE X
 メキシコアーティストによるカバーもののコンセプトアルバム。楽しい一枚。

8.M.I.A. /ARULAR
 攻撃的なトラックの上にラガ系のラップを乗せてアジテートする女性アーティスト。こちらのサマソニライブも盛り上がった。

9.TEENAGE FANCLUB /MAN-MADE
 もはやベテラン。イギリスギターポップの良心的バンドの新作。相変わらずのいい曲ぞろい。何の奇もてらいもないが、それで15年以上やってきてるのもすばらしいことだ。

10.THE WHITE STRIPES /GET BEHIND ME SATAN
 5のフランツフェルディナンドと対を成す黒いグルーヴを紡ぎ出すイギリスの若手2人組。ストーンズを好きな人は聞くべき。
 
10枚を、と思ったのですが、今聴き始めたSIGUR ROSの「Takk...」が素晴らしすぎる。これも裏ベストとして入れさせておくれ。

11.SIGUR ROS /Takk...
 とてつもなく静謐な世界を神々しいまでの音像で描いた大傑作。音響やポストロックといったジャンルの美しさをとことん突き詰めていくとこうなるのではないか。




さてこれだけでは終わらずに今年の再発大賞

・NIAGARA MOON 30th ANIVERSARY EDITION/大滝詠一

ナイアガラが全盛期だった時期の30年後が毎年続く今だけあって、大瀧氏関係の再発ものが、今年も当然再発大賞。再発というか再録ですけどね。まあそれは多めに見てくれや。
とにかく音がよい。さすがのこだわり。それとオケのみのボーナストラックも、ボックス的なのりでマニアにはうれしいもの。それにしてもこのアメリカ音楽に対するオ
マージュ満載の一枚。今聴いても、いや今聴くからこそすばらしさがわかる。日本の宝物のような一枚。




さて最後にシングル大賞

・twilight/電気グルーヴとスチャダラパー

アコなギターカッティングに打ち込みのグルーヴが混ざり合い、高揚感のあるサビが続く最高に気持ちよい一曲。すばらしく疾走感のある曲を作ってくれただけにアルバムも期待していたのだが・・。サマソニのライブはそんなアルバムの出来を反映してか半分コントでした。





■2004年にリリースされた作品以外で、よく聴いた音楽があれば挙げてください。
モダンジャズを聴き始めた。きっかけは各レコード会社がいい意味で乱発してくれている廉価版の名盤シリーズ。最初にブルーノートシリーズを聴き始めたのでなんとなくブルーノートものばかり聴く羽目になってしまったが、別にこだわりはないです。





■あなたの「今年のこの1曲」は?
 斉藤和義の「歩いて帰ろう」をよく聴いてた気がする。
 大学時代にこれ聴いてたときの気分を思い出したくてかな。




■ライブ、DJイベント等々で良かったものがあれば挙げてください。
ライブはたぶんサマソニしか行ってない。
ROOTSのライブが超よかった。後イアンブラウンがローゼズ時代の曲をやってくれたときは鳥肌が立った。
DJイベントはDJプレイで踊ろうという気持ちが衰えたので特になし。どちらかというとラウンジ的なイベントが地元群馬で増えるとうれしい。




■音楽以外でのベスト10があれば挙げてください以下順不同で
・ かわいい彼女ができた
・ 車を買った
・ ジムに通い始めた
・ サマソニに行った
・ 新しいパソコンを買った
・ フリーペーパーを作り始めてなかなかの好評
・ ニンテンドーDSのWi-Fi通信をしての「どうぶつの森」や「マリオカート」が超楽しい。
・ ハードディスクDVDプレイヤーを買った
・ エウレカセブンになんとなくはまる
・ itunesが大活躍。それによりレコードをほとんど買わなくなる



■自己紹介をどうぞ
 どうもタケダという群馬でDJとかをやったり、フリーペーパーを作ったりして本業の仕事のほうはなんとなく力が入らない。
 もはや世間で言う「負け犬」的な人生を楽しんでいる32歳の男子です。サイトやミクシイのほうに日々のよしなしごとを書き連ねているので読んでくれるとうれしいかも。
 それで友達みたいなものになれるとちょっと小躍りしたいぐらいうれしいかも。そんなわたくしですがなんとなくよろしく。





■今年はどんな年でしたか?
 とにかくフリペを作り出して、今まで遊んでいた時間のほとんどをそのことに費やした気が。
 後今年後半に彼女ができてそれがかわいくてしょうがなかったそんな年。
 それとテレビドラマが結構面白かった気がします。結構いろいろ観た。タイガーアンドドラゴン、ドラゴン桜、野ブタをプロデュースは特におもろかった。





タケダさん、どうもです。aiko1位は大納得。俺もいままでで一番良いアルバムだと思います。くるりとコモンは滅茶苦茶人気あるな。
アル・クーパーはノーマーク。ロートルと言われても
おかしくないベテランが良いアルバム出すと嬉しいすよね。
iTunesが便利すぎてレコ買わなくなる。これありますね。僕もそうです。他の人もそう言っているのをたまに聞きますね。 良いレコ屋がポコポコ潰れている一因かもしれない。