磯農具資料館

横浜市磯子区杉田で明治・大正・昭和時代の農具・農機具を展示しています


はじめに

明治から昭和にかけて実際に使用されていた50種類以上の農具・農機具を2008年8月5日から一般公開しています。 最近では農業の機械化が進み、このような農具・農機具が使用されることはありませんが、 その技術は延々と引き継がれ最新の製品に受け継がれています。
古くから残る暮らしにかかわる道具や、それらの使い方を街の中で調べることができ、 小学校の「社会科学習指導」の題材としても活用されています。

展示品

鍬(くわ)
用途ごとに種類が分けられています。
鍬(すき)
牛や馬に引かせて水田を耕作します。
千歯扱き(せんばこき)
稲から脱穀するときに使います。
唐箕(とうみ)
風力によって穀粒と籾を分離するために使います。
背負籠(しょいこ)
背中に荷物を乗せるときに使います。
秤(はかり)
てんぴんを使って重さをはかります。
鎌(かま)
草を刈ったり、稲刈りに使います。
鋤簾(じょれん)
水をはじいて砂や砂利をとります。
釜(かま)
炊飯や料理をするときに使います。
このほかにも50種類以上の農具・農機具が展示されています。

展示時間

申し込み

報道等


Copyright(C) 2015, ISO agricultural tools museum.
2015.01.02.