ロケット

【2000/12/09 記】


気象観測用ロケットの打ち上げを見に行った。
気象庁が上げているロケットで、長さは3mくらい。
日本でこのロケットを上げているのは、岩手県の三陸町というところだけ。ラッキーなことに、現住所から、無理矢理だけど日帰りのできるところだ。

いい天気
風光明媚ナリ。


出発は朝の5時。真っ暗。
はるばるやって来たのは、こんな景色のいいところ↑。

ロケットといっても、宇宙へ飛び出す訳じゃない。
ロケットで打ち上げられたセンサーは、パラシュートで降りながら、かなり上の方の大気を観測するのだ。

気象ロケット観測所
気象ロケット観測所


左の真ん中にあるのが、管制卓のある事務所。
右のオレンジ色のやつが、ロケットのカタパルト。
そこに立てかけてある銀色のやつが、件のロケット。
左下のマイクロバスの止まっている所が、ロケットを見学した場所である。

ロケット
ロケット部分を拡大



打ち上げを数分後に控えて、他の見学者の皆さんと記念撮影。のん気だ。

記念撮影
矢印がロケット


秒読みが始まる。
5、4、3、2、1、

ごー


こんな表現では、ちっとも伝わらないと思うが、とにかくすごい、すごいのだ!。
自分の声が聞こえないくらい、轟音が響き渡る。
「すげ〜、すげ〜!」と叫びながら爆笑する僕。
ロケットの炎と青空のコントラストがキレイ。

打ち上げ直後
打ち上げ直後


そうだ、写真だ、と我に返って撮ったのが、上の写真↑。
とっくにロケットは居なかった。


はるかかなたへ
あっという間に、はるか彼方へ


ロケットの飛び去った上空へ目をやったけど、当然もう見えない。

気がついたら、かなり涙ぐんでいた。
泣いたというより、笑いすぎで涙がちょちょ切れた、というのが正しい。


早起きして、はるばる来た甲斐があった。
あ〜、楽しかった。
なぜか爆笑してしまった。

ちなみに、気象庁によるこのロケットの打ち上げは2001年3月で終了。

戻る