ネコにマタタビ3
(後編)



【前編へ戻る】

【黒ネコさん】
そして松の木の下に、黒ネコさんが居るのを発見。
一同が取り囲む。もちろん、写真に映っている人物は全て我々のメンバー。
後で気づいたのだか、全員(僕を除く)が映っている写真はコレ一枚だけ。記念にちゃんと集合写真を撮ればよかった。
包囲
黒ネコさんをみんなで取り囲む。


黒ネコさんは逃げもせず、我々に付き合ってくれる。
マタタビでイイ感じにまったりしてきた。
一時はどうなることかと思ったオフ会だけど、なんとかそれらしくなってきたぞ。
黒ネコさん
イイ感じにまったり。

【さらに一匹】
気がつくと、道を挟んだ反対側の茂みにもネコが居るではないか。
一気に盛り上がりを見せる「またたびオフ」。

マタタビで、すこしづつこちらへおびき寄せてみる。

来〜い来い
茂みの中からおびき出す。


茂みの中から出てくるまで、みんなでじっと待ちつづける。
異様な光景ではあるが。

待ってみる
出てくるまでじっと待つ。。



【歓声が上がる】
結局の所、こっちまで出てきてくれた。
そして、マタタビでおかしくなって、ごろごろと寝返りを打ち始める。
寝返りを打つたびに、一同から「お〜」という歓声が上がる。
なんなんですか、この集まりは。

そのあとは、もう触られ放題。

触られ放題
メンバーに触られ放題。



【そう言えばもう一匹】
道の反対側に居た黒ネコさんを忘れてはいけない。
こっちもイイ感じ。しっぽが何かヘン。

しっぽが変
しっぽが何かヘン。


【ペットボトルで実験】
世間には『猫よけペットボトル』というのがあるが、ホントにネコが避けていくのか。
イイ感じになってきたところで、マタタビとペットボトル、好きなものと嫌いなものを並べたら、
一体どんな反応を示すんだろうか?というのを実験してみた。

っていうか、平気みたい。反応は至って普通。
マタタビのあるなしは関係なさそう。
平気だも〜ん
平気です。
平気だも〜ん
平気です。


【まとめ】
このあと、また別のネコさんたちにアタックをかけてみたが、
惜しい所まではいくものの、ことごとくフラれてしまった。5〜6匹か?

ちなみに、先ほどのネコさん2匹は、通りすがりの地元のおばさんによると、
よく人に馴れているネコ、とのこと。妙に気さくだと思ったら、な〜んだ。

でもま〜いいや。なんとか成功したし。
人を集めたのに、『ネコは居ないわ雨は降るわ』ではシャレにならなかったので、
正直ホッとしている。

ケツ
おしまい。

というわけで、このへんで終了。

【調査日:2001/09/16】

戻る