ネコにマタタビ2
(さらに続編)



【後編へ戻る】

【秋も終わりに】
あれからひと月以上経った。
またネコさんたちと遊ぶ機会があったので、載せてしまおう。二番煎じどころではないケド。
秋も終わりにさしかかり、すっかり寒くなってきた。紅葉も終わりだ。
マタタビの葉もすっかり黄色くなって、散りかけている。実はもう付いてない。
黄色くなったマタタビの葉
すでに黄色くなったマタタビの葉。

【あの公園】
また例の公園へやってきた。
前回は、散々フラれて待ちぼうけをくらったんだけど、今回はイキナリだった。
『まだらネコ』さん
『まだらネコ』さん。

心の準備ができないまま、目の前には『まだらネコ』さんが登場。
マタタビの枝葉を渡すや否や、突然ふるふると振るえながらもだえ始めた。
ふるふる
ふるふるともだえる。



【キウィをどうぞ】
ところで、今回はもう一つやってみたい実験があった。いつも遊んでいるだけではないのだよ。ふふふ。
『マタタビ』というのは、マタタビ科のツル植物なんだけど、実は『キウィフルーツ』もマタタビ科のツル植物なのである。マタタビでこんなに効果があるのなら、キウィでも効果があるに違いない!
・・・と、何人もの人から情報をいただきました。
キウィフルーツ
キウィフルーツ。

ところが、スーパーで買ってきたキウィを与えてみたけど、興味はなさそう。
二つに切って、嗅覚に訴えようとしても、ダメでやんした。
興味なし
でも興味なし。

【元気してた?】
ま〜いいや、と気を取りなおして、縞ネコさんたちが居た広場へ行ってみた。
すると、おぉ〜!あのネコさんたちじゃないですか。
またたく間に、あのネコさんたちが大集合。

大集合
また会えたね。



マタタビの枝葉を与えたら、取り合いのケンカになった。

ケンカ
取り合いのケンカ



ちなみに、前回使ったマタタビの葉と実は、スーパーの袋に入れっぱなしにしてたら、カビカビになってしまった。捨てるのもナンだな〜、と思って持ってきたんだけど、ネコさんに渡したらこの有様。

ふくろ
もぞもぞ。



ん?
よく見ると、縞ネコさんが4匹いる!もしかして、増えてる?
なんだかもう、収拾がついていない。

収拾がつかない
収拾がつかない。



マタタビのツルをぶらぶらさせて遊ぶ。
楽しい。

ほれほれ
にゃう。



ちなみに、
縞ネコさん達にもキウィを見せたけど、やっぱり興味なしでした。

キウィには興味なし
キウィには興味なし。



【まとめ】
なんかマタタビは、実じゃなくてもイイみたい。
キウィの実では、ネコさん達はおかしくならなかった。でも情報によると、キウィの苗にネコが反応するらしいので、いつかやってみよう。
今回は、割とうまくいったぞ。わ〜い。でも、マンネリ化しつつあるかも。


【調査日:2000/11/18】

戻る