ネコにマタタビ?


「ネコにマタタビ」
というのは、大好物だから効果覿面ということなんだけど、
一体、なにがどんな風に効果覿面なのか?
調べてみよう。

【マタタビの入手経路】
入手元は、仙台近郊の山の中。ヤブです、ヤブ。探せばあるのだ、その辺に。
3〜4日置いておいたら、ちょっとシワシワのブヨブヨになってしまったけど、なんとかなるでしょう。
マタタビ
マタタビの実

【ネコはどこに?】
もちろん、自分で飼っているわけではないので、実験台になるネコを見つけなければならない。 ふだんそのへんにいそうなネコですが、すぐに見つけようとするとなかなか出没してくれない。 「隣の大学」で探すこと数十分、ようやくそれらしき小動物を発見したのでした。

【マタタビの効果】
そこにいたのは、玄関マットの上で昼寝をかましていた「牛ネコ」さんでした。 って言うか、あんまし顔が可愛くない。なんか恐いぞ、こいつ。
さて、こちらに気付いたのか、とりあえず昼寝を中断した「牛ネコ」さんでしたが、 マタタビの入った紙袋をちらつかせると、中身を知ってか知らずか、寄ってくるではありませんか。
すかさず中身(マタタビの実、2個)をぶちまけると、いきなり実にしゃぶりつきました。

「おお、食うのか?」

と思いきや、食べるでもかじるでもなく、しゃぶっている。もてあそんでいるのだ。

もてあそぶ
マタタビの実をもてあそぶ「牛ネコ」さん


マタタビの効果に驚く我々をよそに、「牛ネコ」さんは、どんどんおかしくなっていく。 なんだか悶えているようだ。ごろん、ごろんと寝返りをうつ。




でろ〜んと、よだれなんか垂らしちゃってます。

よだれをたらす「牛ネコ」さん



手も足も出なくて、物体Xって感じ

物体X状態の「牛ネコ」さん



なんだかすっかり出来上がってしまったようで、表情がまるっきり酔っ払いです。

御満悦の表情をする「牛ネコ」さん


しばらくすると、マタタビをしゃぶったり、しゃぶらなくなったり。あまり強い感心を示さなくなりました。 「おなかいっぱい」なんでしょうか?
しかし、相変わらず行動はさっぱり読めません。突然ツメを立てたり、寝返りうったり。 せっかくのマタタビを、その「牛ボディー」で潰しちゃったり。
まあ、「酔っ払い」のすることですから、大目にみてあげましょう。


【まとめ】
ネコは、なんだかマタタビでおかしくなっちゃうみたいです。うわさ通りでした。理由は知りません。
ちなみに、人間に効くかどうか?という実験をやってみたところ、って自分で匂いを嗅いでみただけなんだけど、効果はありませんでした。 わりと匂いはあるんだけど、しかもちっとも嫌な匂いじゃないんだけど、メロメロな気分にはならないもんなぁ〜。
ネコって不思議。

【調査日:1997/10/某】