常用対数


2014/11/09 NEW!
どっかの本で見たのは、
log2 = 0.301(身を独りに)
log3 = 0.4771(死なない程度に)
log7 = 0.845(梯子酒)

(住所不明・「sqrt-1」さん)


         山櫻桃(さんおうとう)
log2 = 0.3 0 10

         死なない
log3 = 0.4 7 7 1

(住所不明・「jk」さん)


         蜜を入れ
log2 = 0.3 0 1 0

         死なない
log3 = 0.4 7 7 1

         毒はふたある
log4 = 0.6 0 2 1

         毒くれ
log5 = 0.699 0

         梯子一つ
log7 = 0.845 1

(住所不明・「Harry」さん)


 豆腐     3 %
log2 =  0.3 010

豆が底の10、腐が真数2、%が010を表す。

(住所不明・匿名希望)


       オッサン横転
log2 = 0.  3  0 10

ログ さんは  死なない
log3     = 0.4 7 7 1

(住所不明・匿名希望)

対数の覚え方について、こんなのもあります。
浪人してたときに予備校の先生から教わったものです。

       おっさんは父(さん)
log2 = 0.  3   0 10 (3) 

父さんは   死なない
log3  = 0.4 7 7 1
父さんの「とう」は底の10です。

(北海道・「からっぽ」さん)


        0点よくないよ桑名さん
logπ = 0 . 4 9 7 1 4 98 7 3 

       0点はよ来い
log7 = 0 . 8 4 5 1

         0点泣くわい!泣くわな!
log2π = 0 . 7 9 8 1   7 9 8 7

状況:桑名さんが0点を取っていじけている。
「はよ」は関西弁で「早う」=「早く」
logπなんて滅多に使わないが、私は過去一度だけ使った経験がある。
なお、上記は四捨五入済みです。

(京都府・「出井正和」さん)


log1 = 0

         去れ一応去れ
log2 = 0.3 0 1 0 3 0

         死なない兄さん
log3 = 0.4 7 7 1 21 3

log4 = 2log2

log5 = 1−log2

log6 = log2+log3

         梯子を配れ
log7 = 0.845 0 980

log8 = 3log2

log9 = 2log3

log10 = 1

(石川県・匿名希望)

自然対数 log1〜log10までを、有効数字2桁で、一気に覚えるゴロ合わせです。
    0円の     無給で、  人と         見比べ  ムカついて      泣く     ここの子、  分野が         分           散。
log1=0 log2=(0.)69  log3=1.10 log4=(1.)39 log5=(1.)61 log6=(1.)79  log7=(1.)95 log8=2.08 log9=(2.)20 log10=(2.)30

※常用対数ではありませんが、まぁここでいいでしょう。

(住所不明・「Harry」さん)

log1〜log10までを、有効数字2桁で、一気に覚えるゴロ合わせです。
     オッ     サンを        縛        ろうとしたのは、何でも     納屋に       運んで     食おうと    苦心する  人。
log1=0 log2=(0.)30 log3=(0.)48 log4=(0.)60   log5=(0.)70 log6=(0.)78 log7=(0.)85 log8=(0.)90 log9=(0.)94 log10=1


常用対数のlog1〜log10で「苦心する log9=(0.)94」を「苦労する log9=(0.)96」に訂正希望 ※・・・といただいたのですが、 log9 = 0.954242509439325... なので、有効数字2桁とすると、0.95、なのでは? (住所不明・「Harry」さん)
※追記をいただきました。 常用対数の値についてですが、関数電卓などで計算すると、log9 = 0.95となります。 入試問題ではlog2=0.30 log3=0.48 log7=0.85と数値が与えられていて、 そこから他の常用対数の値を導く場合が多いので、log9=0.96としておきました ※ガッテンガッテン。 でも数値を与えられちゃうとミもフタもないですね。 (住所不明・「Harry」さん)