口語文法


口語副助詞
暗いコソドロ馬鹿ほどでも
傘、枝の丈などまで切り
はしかとかも
頭痛だってやらない
くらい、こそ、どころ、ばかり、ほど、でも、
か、さえ、だの、だけ、など、まで、きり、
は、しか、とか、も、
ずつ、だって、やら、なり、

(住所不明・「無花果湾岸道路」さん)

口語副助詞
構想ばかりがさえ
はしかとか頭痛だって
暗いデモ報道だけ
切り所まで
やらない
なあ、どうだ、飲もう
こそ、ばかり、か、さえ、
は、しか、とか、ずつ、だって、
くらい、でも、ほど、だけ、
きり、どころ、まで、
やら、なり、
など、だの、も、

(住所不明・「無花果湾岸道路」さん)

口語副助詞
頭痛でも暗い所ほどさえ
立って待ってたのな。どーやら
キリンとかカモシカは、なりだけ馬鹿、利口そう。
ずつ、でも、くらい、どころ、ほど、さえ、
だって、まで、だの、などやら、
きり、とか、か、も、しか、は、なり、だけ、ばかり、こそ、

「頭痛になっても暗い所ほど頭がさえるようで
人間を立って待ってた。
キリンとかカモシカは、姿だけは馬鹿に見えるが、本当は利口そうだ。」ということ

(住所不明・「無花果湾岸道路」さん)

口語接続助詞
ところで空手の弟子、殿になりつつ、
手も長いけれど、馬鹿者ノータリン
ところで、から、て、ので、し、
と、のに、なり、つつ、
ても、ながら、けれど、
ば、が、ものの、たり、

(住所不明・「無花果湾岸道路」さん)

口語終助詞(改)(改)
なぜか友蔵の
さわやか知らねーことよ
な、ぜ、か、とも、ぞ、の、
さ、わ、や、かしら、ね、こと、よ、

(住所不明・「無花果湾岸道路」さん)

口語終助詞(改)
なぜ友よ、そのさわやか知らねーことか?
な、ぜ、とも、よ、
ぞ、の、さ、わ、や、かしら、ね、こと、か、

(住所不明・「無花果湾岸道路」さん)

口語終助詞
謎の友よ、さわやか知らねーことか?
な、ぞ、の、とも、よ、
さ、わ、や、かしら、ね、こと、か、

(住所不明・「無花果湾岸道路」さん)

口語助動詞
ヨーヨー出させる
競る馬痛がる
体内ただれる
塗られるらしい
ソーダですます
よう、ようだ、させる、
せる、う、まい、たがる、
たい、ない、た、だ、れる、
ぬ、られる、らしい、
そうだ、です、ます

ヨーヨーを出させたら競争馬に当たって
馬は痛がって体内がただれたみたいだが
塗り薬にもなるというソーダで治療はすませるということ

(住所不明・「無花果湾岸道路」さん)

動詞の活用
見      よう      死      体    か      め
未然形  連用形  終止形  連体形  仮定形  命令形

先生が言っていた。 

(住所不明・「M」さん)

撥音便促音便
パンツとソックス
  ん      っ
  撥      促

わかりにくくてすみません

(住所不明・「ジャパン」さん)


名    は  体    を表す。
名詞      体言

(住所不明・「めののん」さん)


どうしよう?ゲン!
動詞  用?  言!

動詞(形容詞  形容動詞)は用言。(名詞、代名詞は体言)

合ってるのかな。記憶が・・・。

(住所不明・「生物」さん)

口語格助詞
部屋まで寄り、おからのデートにがい
へ、や、まで、より、
を、から、の、で、と、に、が

(住所不明・「無花果湾岸道路」さん)

口語格助詞
鬼    の  屁  が  戸  より(から)  出た。
を・に・の・へ・が・と・より・から・で

(住所不明・「お腹いっぱい☆」さん)

口語格助詞
殿より鬼が部屋から出。
と・の・より・を・に・が・へ・や・から・で

似たようなのが何パターンか既出ですが、私はこれで覚えました。

(熊本県・「エチレン発生」さん)

口語格助詞
鬼の部屋からとよりが出。(おにのへやからとよりがで)
を・に・の・へ・や・から・と・より・が・で

口語副助詞
服ぐらいは、キリギリだけか鹿さえも、成りこそやらでも程だって、だのまでばかり、どころなど。(ふくぐらいは、きりぎりだけかしかさえも、なりこそやらでもほどだって、だのまでばかり、どころなど。)
(副):ぐらい・(は)・きり・ぎり・だけ・か・しか・さえ・も・なり・こそ・やら・でも・ほど・だって・だの・まで・ばかり・どころ・など

口語終助詞
何故かしら、傘の寝言ぞ、なあ友よ。(なぜかしら、かさのねごとぞ、なあともよ。)
な・ぜ・かしら・か・さ・の・ね・こと・ぞ・なあ・とも・よ

(住所不明・「口語助詞マン」さん)

口語・格助詞
  鬼    が  戸  より  出、空    の  部屋
を・に・が・と・より・で・から・の・へ・や

中学校のころ先生に教わりました。似たようなのがあったので投稿してみただけ。

(青森県・「りんごめぐり」さん)

口語・格助詞
  殿    が  部  屋  から    鬼    で  より
と・の・が・へ・や・から・を・に・で・より

今日学校で習いました。

これと微妙に違うのですが、もしかしたらこっちが正しいんでしょうかね?

(住所不明・「エイブ」さん)

口語の格助詞
殿      が  部  屋  より  鬼      で  より
と  の  が  へ  や  より  を  に  で  より

よー考えたら大学入試では使わんです

(住所不明・「hakase」さん)