ビンゴ!まであと少し

【2004/08/17 記】


いまさらここで、ビンゴゲームのルール説明はしないけど、
5×5マスのうち、1列そろうのが「ビンゴ!」で、
あと1つでビンゴ!、なのが「リーチ!」で。

ゲームも終盤になってくると、「リーチ!」になっている箇所が2つとか3つになってきて、
  • ダブルリーチ!
  • トリプルリーチ!
という状況は、よくある。
しかし、運がいいのか悪いのか、「リーチ!」になっている箇所が4つ5つとかになってくると、
  • ・・・リーチ!!!
・・・何と言って言いのか分からない。
一体、何リーチなのか。

さらに、思いつく範囲では、こんな状況も。

       
       
       
       

リーチが9つ。
さて。どうしたものか。

調べるのは、大して手間ではなく、答えはあっさり見つかった。
「〜重の」とかいう英単語を調べればよい。

  1. single
  2. double
  3. triple
  4. quadruple
  5. quintuple
  6. sextuple
  7. septuple
  8. octuple
  9. nonuple
  10. decuple
おおお。でも何て読むのか。
  1. シングル
  2. ダブル
  3. トリプル
  4. クワドループル
  5. クイントゥープル
  6. セクストゥープル
  7. セプトゥプル
  8. オクトゥプル
  9. ノヌプル
  10. デキュプル
おおお。↑でもなんで一部色が薄いのか。
単語がマニアックすぎて、辞書に発音記号が載ってなかったからだ。


とにかく、一応、これで一安心。
心置きなく、「リーチ!」を叫ぶことができそう。
何リーチでも、どんと来い!

なお、単語を出すだけ出しておいて、
「デキュプルリーチ!」というのはどういう状況なのか、ちょっと思いつかない、
・・・というのには目をつぶってください。


おまけ。
副産物的に、いろいろ出てきた。せっかくなので、表にしてみた。→

語学の心得が無いくせに、こういうのはネタにするもんじゃないと反省しつつ終了。


【追記(随時)】


よせばいいのに、こんなネタをやったばかりに、様々なご指摘が。

そもそも、すでに外来語として定着しつつあるものがあるらしい。
(フィギュアスケートのクワドラプル・アクセルとか。)
だったら、そっちを使った方がいいんじゃない?、という方向で。

でも、
もともとの単語がマニアックだと、当然、外来語としての定着もいまいちな訳で。
ミシンとかマシンとか、元が同じ単語でも、違うカタカナ語として定着していたり。
馬鹿正直に原語の発音に忠実なのが、外来語として定着している訳でもなく。

という訳で、困ったときの検索エンジン頼み。
・・・と思ったら、既にそういうのを調べてたりネタにしてたりする人がたくさん居る割には、ちっともひとつの言葉に収束していない。

なお、個人的に、きわめて日本語チックに、勝手に読んでみると、こんな感じ。
もうこれでいいんじゃないの?(鼻くそをほじりながら)
  1. クワドラプル
  2. クインタプル
  3. セクスタプル
  4. セプタプル
  5. オクタプル
  6. ノナプル
  7. デカプル
(2004/08/24)

掲示板で、こんな書き込みをいただきました。
  1. シングル
  2. ダブル
  3. トリプル
  4. クアドラプル
  5. クインティプル
  6. セクスタプル
  7. セプタプル
  8. オクタプル
  9. ノナプル
  10. ディカプル
と見た。

(住所不明・「通りすがりのディカプルオ」さん)

特に根拠とかは書かれていなかったんですが、これはこれでイイ感じです。
みんな、好きなように読みましょう。(鼻くそをほじりながら)
(2004/10/18)

掲示板で、こんな書き込みをいただきました。

「ビンゴ!まであと少し」ですが、10まででは足りません。
例えばこれ↓は「11重」リーチですし、
□■■■■
■□■■■
■■□■■
■■■□■
■■■■□
これ↓なんか縦横斜めすべてリーチの「12重」リーチです。
■□■■■
■■□■■
■■■■□
■■■□■
□■■■■
(真ん中は最初から空いているというツッコミは置いといて)
というわけで何と言えばいいのか調べたのですが、ここまで行くと英米人にもなじみが薄かろうと思った訳です。
しかし、日本語に「億」から「無量大数」があるように、10^63までの単位を見つけることができました。
10^33=decillion
10^36="un"decillion
10^39="duo"decillion
10^42="tre"decillion
10^45="quattuor"decillion
10^48="quin"decillion
10^51="sex"decillion
10^54="sept"decillion
10^57="octo"decillion
10^60="novem"decillion
10^63=vigintillion
つまり10=decaの前に1から9までの接頭辞(少し変形されている)を付ければいいと言うことになりました。
さあ、これで安心して「デュオデカプルリ〜〜チ!!」

(住所不明・「藍羽桃和寛」さん)

定義によると思いますが、僕の流儀ではそれはどちらもクインタプルリーチです。
トリプル役満でも単騎待ち、みたいな?
(2005/02/12)

掲示板で、こんな書き込みをいただきました。

どうでも良いことですが、正確な発音をお知らせします。
  1. single シングル
  2. double ダブル
  3. triple トリプル
  4. quadruple クヮドループル
  5. quintuple クィンテュープル
  6. sextuple セクステュプル
  7. septuple セプテュプル
  8. octuple オクテュプル
  9. nonuple ノニュプル
  10. decuple デキュプル
  11. undecuple アンデキュプル
  12. duodecuple デューオデキュブル
  13. tredecuple トリーデキュブル
  14. quattuordecuple クヮートゥオーデキュブル
  15. quindecuple クィンデキュブル
  16. sexdecuple セクスデキュブル
  17. septendecuple セプテンデキュプル
  18. octodecuple オクトデキュプル
  19. novemdecuple ノウヴィームデキュプル
  20. vigintuple ヴァイヂンテュープル
こんな感じです。

(住所不明・「Maniac C」さん)

アリガートゥゴザィマース
(2005/02/27)

戻る