きもの 寸法について


きものの寸法は、今だに古くからくじら尺といって
センチとは、少しことなります。下記のサイズを見て参考にして下さい。

寸法の単位早見表

1分 約0.38cm
5分 約 1.9cm
1寸 約 3.8cm
1尺 約 38cm
2尺 約 76cm






女物 標準寸法表 

あくまでも普通体型の標準寸法でございます。
やせている女性や、太っている女性など、また
茶道をやっている女性などは、前巾を少し広めに
するなど、その方の好みによって、寸法もさまざまです。
こちらの早見表は、あくまでも参考としてごらん下さい。

身長 身丈 袖丈 裄丈 前巾 後巾
150cm 4尺 1尺2寸5分 1尺6寸5分 6寸 7寸5分
155cm 4尺1寸 1尺3寸 1尺7寸 6寸 7寸5分
160cm 4尺2寸 1尺3寸 1尺7寸5分 6寸5分 8寸
165cm 4尺3寸 1尺3寸5分 1尺7寸8分 6寸5分 8寸

男物 標準寸法表

男物もあくまでも、普通体型の標準寸法です。
特に太っている方ややせている方など
男性の場合は、変わってまいります。
最近の傾向は、羽織もやや長めに仕立てが流行です。
こちらの早見表は、あくまでも参考としてごらん下さい。

身長 身丈  袖丈 裄丈 前巾 後巾 羽織丈
160cm 3尺5寸 1尺3寸 1尺7寸5分 6寸5分 8寸 2尺3寸
165cm 3尺6寸 1尺3寸5分 1尺8寸 6寸5分 8寸 2尺4寸
170cm 3尺7寸 1尺3寸5分 1尺8寸5分 7寸 8寸 2尺4寸
175cm 3尺8寸 1尺4寸 1尺9寸 7寸 8寸 2尺5寸
180cm 3尺9寸5分 1尺4寸 1尺9寸5分 7寸 8寸5分 2尺7寸

 
裁ち合わせで変わるきものの表情
きものは、形が決まっているものですが、
小紋や紬などは、仕立てする時にもっとも
着映えがするように、模様の配置を考えて仕立てを致します。
これを柄合わせとか、経ち合わせといいます。
ここでは、太い縦じまや段柄などの柄合わせを写真などを
使って分かりやすくご説明致します。
(こちらは、大変分かりやすい記事だったので 
「美しいきもの」 より掲載させて頂きました。)


半取り縦じまや七三縦じまの場合
濃淡のコントラストの強いしまが、
ひと幅に半々や七対三の割合で入ったしまは、
しまの置き方しだいで表情が大きく変わってしまいます。
きものを着た印象がだいぶかわりますので、ご説明致しましょう。

衿に淡色のほうを選んだ場合 衿に濃い色のほうを選んだ場合

衿に淡い色を選ぶとソフトな印象に
なります。大胆なしまが優しげになる
一般的な合わせ方でございます。



濃いしまの印象が際立ってきます。
顔のそばに濃い色がほしい方や、
少し個性的に装いたいと思う方向きです。

袵にしまを選んだ一般的な例 大柄な方に向く個性的な例

大胆なしまでも着やすくて、
目立ちすぎず
大勢のなかでも浮かない
一般的な経ちあわせ
になります。


大柄な方は大胆なしまの経ちあわせ
にしても違和感なくしっくりする
ことが多いようです。

一般的な「追っかけ」の経ちあわせ 袖口側にしまを揃えた個性的な例 背を中心にしまが柱のようにする例

後ろ身頃から見ています。
このように太いしまは、
右のような柄の
合わせ方にするのが基本的で
一番多いです。

あまり一般的では、
ございませんが
大勢の中では、
パッと目立つ効果の
ある柄の合わせ方です。
背を中心に太いしま
を合わせる
非常に個性的な
仕立て方です。
背がスラット高く感じます。



段になった模様の場合
段になった模様は、紬にも小紋にもたくさんございます。
普通は段を少しずらして仕立てますが、
ここでは、段を合わせた例もご紹介致します。

段を揃えた個性的な例 段をずらした一般的な例
段を揃えた個性的な例です。
段を揃えると
自分だけの特別なきもの
という気分が出てくる感じになります。

段をずらして合わせている
一般的な例です。
肩山に、ひとつのしまの
真ん中がくるように
仕立て致します。


段を揃えて置いて見ると、
柄の大胆さが
際立ってきました。
パッと目立つ効果があります。


段をずらして置いて見ると、
個性的な紬のくせが
やわらぎ、着やすそうな
雰囲気の着物に
なります。



斜めしまの場合
斜めしまは、思いがけなくモダンな雰囲気が感じられる着物姿になります。
しまは、無理にあわせようとせず、少しずれていても自然に見えます。

しまを揃えた場合 しまをずらした場合
斜めしまは、ピタッと上から下まで
揃えようとしても無理が出ますから
目立つ場所を揃えて仕立てします。
斜めしまの場合は、よほど太い
しまでない限り少しずらしても
さほどずれが目立ちません。


   裁ち合わせの工夫

形の決まっている着物は、身頃や衿、紬のどこにどの柄を置くかで
着姿が左右されます。小さな模様を繰り返す小紋や紬は、
柄の合わせ方でさほど悩みませんが、
大きな柄や大胆なしまなどは、仕立てする時に悩み迷います。
それは、きものの柄をあわせる作業の難しさだけでなく、
着る方のタイプ、着る場面、頻度などによっての考慮が

必要だからです。好みがはっきりしている方なら良いですが、
良くきもの屋さんと相談の上おまかせ致しましょう。
基本的には、初心者のうちは、一般的な柄合わせにしておく方が
無難でございます。しだいに着物が着慣れて来たら大胆な柄合わせや、
他と変わったひと味違う着物の仕立て方にチャレンジするのも良いでしょう。



少しでも、早く対応できます様に、携帯電話にメールをお送り下さい。
すぐに対処いたします。
(メールは、携帯電話からお送り下さい。)

携帯メールアドレス kimono.116-244.honobe-1116@docomo.ne.jp
 パソコンからのご質問メールはこちらからお送りください。
(尚、お返事が携帯より若干遅れる場合がございます。ご了承下さい。)

最近、セキュリテイ・ソフトをかえたのですが、まれに通信のチェックが厳しく
届いてない事がございます。朝・晩チェックしておりますが、1日経っても返信ない場合は、
お電話か携帯メールで今一度ご面倒でも連絡お願い申し上げます。


 問い合わせ
221−0005 横浜市神奈川区松見町1−46−7 045(433)1116  
フリーダイヤル 0120−116−244 イイイロ ニシヨウ

 トップに戻る

きもの専門店 ほのべ京染店
copyright(c) 2000-2010 the kimono senmonten honobe kyozome ten all rights reserved