株価分析ソフト「ミリオネア」で使用するテクニカルチャートの解説

一目均衡表 ストキャスティックス ボリュームレシオ 強弱レシオ ピボット


一目均衡表:

 一目山人が開発した時間、波動、相場観測、それぞれの考えから相場を読み取る指標

≪計算方法≫

 転換線:(本日を含む過去9日間の最高値+最安値)÷2 (当日の場所に記入)

 基準線:(本日を含む過去26日間の最高値+最安値)÷2 (当日の場所に記入)

 先行スパン1:(転換線+基準線)÷2 (本日を含めた26日先の場所に記入)

 先行スパン2:(本日を含む過去52日間の最高値+最安値)÷2 (本日を含めた26日先の場所に記入)

 遅行スパン:終値 (本日の終値の26日前の場所に記入)

≪見方≫

 ・転換線が基準線より上にあり、かつ基準線が上向きの場合:買い

 ・転換線が基準線より下にあり、かつ基準線が下向きの場合:売り

 ・転換線が基準線を下から上抜けた場合:買い(ゴールデン・クロス)

 ・転換線が基準線を上から下抜けた場合:売り(デッド・クロス)

 ・本日の日足が雲(先行スパン1と2の間)を上抜けた場合:買い

 ・本日の日足が雲(先行スパン1と2の間)を下抜けた場合:売り

 ・遅行スパンが本日を含めた日足より上にある(下から上抜けた)場合:買い

 ・遅行スパンが本日を含めた日足より下にある(上から下抜けた)場合:売り

 

ストキャスティックス:

 計算期間内の相場の変動幅と直近終値の位置を比較する指標

≪計算方法≫

 %K=(直近終値−過去n日間最安値)/(過去n日間最高値−過去n日間最安値)×100

 %D=(直近終値−過去n日間最安値)の3日間合計/(過去n日間最高値−過去n日間最安値)の

 3日間合計×100

 n=計算期間(「ミリオネア」の場合5日)

≪売買のポイント≫

 %Dが20以下で%Kが%Dを下から上抜けた場合:買い

 %Dが80以上で%Kが%Dを上から下抜けた場合:売り

 

ボリュームレシオ:

 出来高の推移から相場の過熱感を判断する指標

≪計算方法≫

 (株価上昇日の出来高+株価不変の日の出来高/2)/(株価下落日の出来高+株価不変の日の

 出来高/2)

 「ミリオネア」の場合25日間で設定

≪売買のポイント≫

 ・70%以下の場合:買い

 ・300%以上の場合:売り

 

強弱レシオ:

 1日の値幅を構成する強弱エネルギーと人気との蓄積から株価水準を判断する指標

 Aレシオは、当日の始値を基準に始値より上に作用したエネルギーを強、下に作用したエネルギーを

 弱として計算されたもので、株価に対して先行性がある。強弱均衡時は100%となる

 Bレシオは前日の終値を基準とした強人気、弱人気の蓄積に基づいて計算されたもの

≪計算方法≫

 Aレシオ=強エネルギーのn日間の合計/弱エネルギーのn日間の合計

 Bレシオ=強人気のn日間の合計/弱人気のn日間の合計

 n=計算期間(「ミリオネア」の場合25日)、強エネルギー=高値−始値、弱エネルギー=始値−安値

 強人気=高値−前日終値、弱人気=前日終値−安値

≪売買のポイント≫

 ・Aレシオの70%以下は買いエネルギー充電中、いつ上昇を開始してもおかしくはありません。また、

 40%台の場合は大底圏であり反転上昇する可能性が、非常に高い:買い

 ・Aレシオが、底値圏(70%以下)で株価下落に逆行し反転上昇する場合:買い準備

 ・Aレシオが、天井圏(200%以上)で株価上昇に逆行し反転下落する場合:売り準備

 ・Bレシオが100%近辺(強弱均衡)のAレシオを下から上抜けた場合:買い

 

ピボット:

 ピボットとは、回転軸を意味し、前日の株価の動きから相場のレンジを導き出す指標

≪計算方法≫

 ピボット(P)=(H+L+X)÷3

 A=H−P  B=P−L  C=H−L

 3S=P+B+C  2S=P+C  1S=P+B

 3B=P−A−C  2B=P−C  1B=P−A

 H=前日高値 L=前日安値 X=前日終値

 1B〜1Sのレンジを通常レンジ、2B〜2Sのレンジを最大レンジと考える

≪売買のポイント≫

 ・株価が1B〜2Bにある場合:買い(3B以下になった場合損切り)

 ・株価が1S〜2Sにある場合:売り(3S以上になった場合損切り)


Click Here!

                                               ホームへ戻る