結婚指輪はチタンorシルバーorプラチナ素材から鍛造&彫金技法で手作りする当日に完成お持ち帰りいただけます。強靱さと耐アレルギー性が魅力のチタンの結婚指輪を二人で造れる唯一の工房
創作銀工房
Yahoo!shop 創作銀工房おたんこ那須!
325-0303 栃木県那須町高久乙2274-138 並木台別荘地 TEL:0287-78-1697
 

Since:2001.01/01
twitter
初めての方 通販規程 イベント 指輪サイズ 銀の手入れ 制作工程 詳細地図 Google-map
JR 黒磯駅 JR 新幹線駅 道の駅 Link集 高速バス JR東日本 那須の天気 Site-map
4mm〜6mm幅シルバーリング 10mm〜30mm幅シルバーリング 創作シルバーリング アートシルバーペンダント オブジェント シルバーバングル 銀細工・銀工芸 銀のオブジェ アルミの指輪 チタンの指輪
5mmリング 30mmリング 創作指輪 ペンダント 創作ペンダント バングル 銀工芸品 オブジェ アルミの指輪 チタンの指輪

レッスン&プロモーション YouTube You can handcraft a marriage ring
創作銀工房おたんこ那須!
ご予約状況・お申し込み
鍛造&彫金:手作り一日教室・手作り体験
受入れ:1人〜2人/一日限定一組。実施時間:10:00〜20:00延長可/手作り当日に完成お持ち帰り。
初めての方でも手作り当日に完成でき、自分で造り上げた充実感・達成感に包まれるのには理由があります。
チタンの結婚指輪をハンドメイド シルバーの結婚指輪をハンドメイド プラチナの結婚指輪をハンドメイド
チタンの手作り指輪
自分で手作りできる日本で唯一の工房
シルバーの手作り指輪
鍛造&彫金一日教室の先駆け
プラチナの手作り指輪
鍛造&彫金技法で、当日完成お持帰り
銀のバングルをハンドメイド シルバーリング:手作り体験 チタンペンダント:手作り体験
シルバーバングル
オリジナルデザインを造ります
手作り体験:シルバーの指輪
細身のシンプルリングを作ります
手作り体験:チタンアクセサリー
オリジナルデザインを作ります

指輪の手作り体験教室  創作銀工房おたんこ那須!へ、ようこそ!!
 当工房は、体験や制作サービス提供を生業とする体験専門工房ではなく、Craftsman:青野信夫がオリジナル作品を日々制作している「創作工房」です。
 当工房が実施する手作り体験・一日教室は、これまでの多種多彩な作品造りの積み重ねにより得られた経験と知識の元に、各作業工程を効率良く凝縮して指輪造り・ハンドメイドの本質 を五感で体感していただけるようプログラムされています。
 一つ一つの工程には「何故、バーナーで熱するのか、何故糸鋸で切るのか、何故金槌で叩くのか、何故そうするのか・・・」という必然があり、その必然は完成までの各工程全てに受け継がれていくものです。
 そのノウハウを分りやすく解説することにより、指輪造りの面白さと難しさやもの造りの楽しさを実感され、励まし合い力を合わせて一生懸命にハンドメイドされた指輪への愛着は一層高まり、何ものにも替え難いお二人の宝物となることでしょう。
 クラフトマンが丁寧に指導いたします
 チタン995、シルバー950、プラチナ900の素材を、直に叩いたり削ったり彫ったりして造る 鍛造&彫金技法によりオリジナルデザインのペアリング・婚約指輪・結婚指輪を、当日完成させてお持帰りいただける手作り一日教室です。
 Craftsman:青野信夫が、指輪造りのノウハウを解り易く解説しマンツーマン的にしっかり指導する為に一日一組の受入れとなっています。皆様は、各種専門工具で十分に練習したのちじっくり造形作業に取り組んでいただけます。
 磨き仕上げは、クラフトマンが調整と磨き上げを行うことによりハイクォリティなオリジナルリングが完成し即お持帰りいただけます。
 婚約指輪や結婚指輪もご自分で手作りできます
 婚約指輪といっても特殊な作業をすることはなく、普通の指輪と同じ制作工程で手作りできます。
 全ての指輪に於いて“ハイクォリティ”の仕上げを心掛けてますので、結婚指輪だから特殊な磨き仕上げをするという事もありません。
 従いまして、結婚指輪という付加価値的な割高料金の必要はなく、普通の指輪と同一料金で手作りいただけます。

手作り一日教室:ハンドメイド作品集
最新 092 091 090 089 088 087 086 085 084 083 082 081 080 079 078 077 076 075 074
073 072 071 070 069 068 067 066 065 064 063 062 061 060 059 058 057 056 055 054
053 052 051 050 049 048 047 046 045 044 043 042 041 040 039 038 037 036 035 034
033 032 031 030 029 028 027 026 025 024 023 022 021 020 019 018 017 016 015 014
013 012 011 010 009 008 007 006 005 004 003 002 001              
チタンリング作品集
チタンリング
プラチナリング
プラチナリング作品集 シルバーバングル作品集
シルバーバングル
ペンダント
シルバーアクセサリー作品集
シルバー:ペアリング(県別) シルバー:婚約指輪・結婚指輪(県別)

宮城

山形

福島

宮城

山形

福島

新潟

群馬

栃木

新潟

群馬

栃木

茨城

埼玉

千葉

茨城

埼玉

千葉

東京

神奈川

遠方

東京

神奈川

遠方

鍛造&彫金技法で手作りされる指輪 鍛造:
鍛造  一口に“指輪”と言っても色々な造り方がありそれぞれに長所と短所があります。
 市販品は、型に溶けた貴金属を流し込む鋳造(ちゅうぞう)により大量生産されています。
 当工房は、手作業で一つ一つ造る鍛造(たんぞう)です。
 造る過程で、指輪を満遍なく金槌で叩くことにより金属がギュッと詰まって鍛えられ“変形に強い指輪”となります。
鍛造&彫金技法で手作りされる指輪 彫金技法:
彫金  指輪のデザインの造り方のことです。
当工房では、銀やプラチナの貴金属を直に切る・曲げる・溶かす・溶接・叩く・削る・彫る・磨く・・・等の作業を行い一つ一つ手作業で一点ものの指輪を造り上げることができます。
各作業工程では「マンツーマン」に進め、各工具を時間を掛けてしっかり練習した後にじっくり本番作業に取り組んでいただけます。

彫金技法で手作り:工具の扱い方
 工具の扱い方:糸ノコの刃に弓の重さ+腕の重さを加減して切り進みます。両脇を絞め体をコンパクトにし、左手は銀板に添え、シンプルにストロークさせます。 決して、押さえつけるように急いで切ろうとはせずに、ブレを小さくして前後にシンプルにシンプルに動かします。
 写真撮影のため、掲載写真では万力の右側で切っていますが、実際には、万力の左側で切断します(右手に糸ノコ、左手で銀材を抑える方が自然で楽です)。
 工具の扱い方:リューターは、両脇を絞め体をコンパクトにし、左手と右手を写 真のようにガッチリ連結し、右手の薬指のしなりを利用して小さな動きで削ります。 リューターを掴む指を動かして削ることはあまりしません。
 リューターの刃と薬指先は超接近させて、小さな作業範囲に気持ちを集中させて削ります。刃が薬指から放れていくに従い不安定になっていきますので無理をしないで持ち交えること。
 工具の扱い方:ヤスリは、両脇を絞め体をコンパクトにし、直線的にシンプルに動かし、腕の重さで削ります。 そしてヤスリを持つ手に楽をさせてあげること。つまり、リング等を押さえる側の手を固定しないで“自由に動かし”ヤスリに対応させてあげるということ。
 ヤスリ掛けの要素は、ストローク:長い・短い、スピード:早い・ゆっくり、回数、腕の重さの乗せ方と押さえつける強さの加減。
 これらの要素を組み合せてコントロールすることにより思いのままに形を造ることができます。

チタンの指輪の金属アレルギー
 チタンは、イオン化傾向が低く水に溶け出しにくいため、金属アレルギーはほとんど起こらないと言われてます。
  この理由として、チタンは酸素との結びつきが強く、チタン表面に「酸化膜」という薄い皮膜を作ります。
 この「酸化膜」があることで金属イオンが溶け出さないのです。それでは チタンはまったく金属アレルギーがないのかというと そうではありません。
  チタンアレルギーは非常に稀と言われていますが、チタンによるアレルギーは報告されています。ご心配の方は、チタンの金属アレルギー検査(パッチテスト)を行った方が良いでしょう。
  参考=大船駅北口歯科インプラントセンター
チタンの指輪:純度:Titanium995(純チタン)
 当工房が使用する「Titanium995」は、99.5%がチタンという高純度の素材です。
 チタンは貴金属ではありません。
 純度の高いチタンならば、たとえ強くて硬くても手作りすることはできますが、高い耐食性による金属アレルギーにも安心な素材ため、素材としての安定性が高いため容易に加工できないため高価な製品として市場に出回っています。
 色はシルバーやプラチナよりも黒っぽい銀色の輝きで、熱する温度の違いにより7色に色合いが変化します。
Titanium:特性
 軽い(比重):Aluminium=2.7、Titanium=4.5、Silver=10.5、Platinum=21.45。
 強い(変形):ビッカース硬度:Silver=251MPa、Platinum=549MPa、Titanium=970MPa
 硬い(キズ):モース硬度:Silver=2.5、Platinum=4.5、ガラス=5、Titanium=6、鋼鉄のヤスリ=7.5。
 高耐蝕(金属アレルギー):表面の酸化膜により耐食性が高まり、金属アレルギーが起きにくい=金・プラチナと同等。
 高 価:比較的安価な素材ですが、加工性の難しさの為造られる製品は高価になります。
チタンの指輪:お手入れ
 擦りキズ:チタンは【モース硬度:Titanium=6、Silver=2.5、Platinum=4.5、ガラス=5、鋼鉄のヤスリ=7.5】というようにプラチナやガラスよりも硬い素材ですが、それよりも硬い物質は日常の暮らしの中に沢山存在します。
  ですから、硬いと言ってもキズが付き難いというだけなので乱暴な扱い方をすれば“擦り傷は付きます”。
 チタンの指輪に擦り傷が付くということは、プラチナやゴールド・シルバーならばもっと酷く傷つくということになります。
 素材の種類に関係なく指輪を付けたときには、少しだけ気を使ってください。
 不用意に擦り傷を付けてしまった場合には、耐水ペーパー(粒子の細かい紙ヤスリ)の2000番以上(3000番以上なら更に良い)で、表面を軽い力で擦ってください。

シルバーの指輪の金属アレルギー
 当工房がシルバーリングの制作に用いているSilver950という素材は、銀=95%、銅=5%の合金です。
 銀は、プラチナ、ゴールドとほぼ同等にイオン化傾向が低く、金属アレルギーを起こしにくい金属です。
しかし、市販品(Silver925)のピアスでかぶれたとか良く耳にします。
 実際には、このアレルギー反応は「銀」に対してではなく含まれている「銅」に反応しているのです。
 イオン化傾向の低い銀に比べれば、銅は少しイオン化し易い金属と言えます。
シルバーの指輪:純度:950、925、999
 創作銀工房おたんこ那須!では、シルバーリングの素材にSilver950という品位を使用しております。
 Silver950とは、95%の銀と5%の銅の合金です。
一般に市販されているスーターリングシルバーは92.5%の銀と7.5%の銅の合金で、925とも呼ばれています。
 金属は純度が高い程、溶ける温度が高くなり硬度は低く(柔らかい)なります。
 その為、純銀(999)はキズが付きやすかったり変形しやすいので本来アクセサリーには向きません。
 スターリングシルバー(925)は、溶ける温度が低いことと銀の含有量が少なくて済む為、原型を一つ作って沢山複製しそれを鋳造して大量生産することに向いています。
 Silver950は、999よりも硬いので変形やキズに強く、925よりも柔らかいため手作り一点物の制作に向いています。
 950と925の銀製品を輝き具合を比較した場合、950は銀本来のどっしりした輝きがあり925の方が何となく白っぽく黄色っぽい感じがします。
 ただ、その製品の造り方によって硬さや強度は変わってきます。
 地金を金槌で叩いて作る鍛金(彫金技法の一部)は、金属がギュッと絞まって硬くなるという特徴があり、鋳造は、高温で鎔けた金属を石膏の型に圧力をかけて押し込む方法なので、変形しやすい特徴があります(金属は高温にすると柔らかくなる性質があります=焼き鈍し)。
Silver:特性
 比較的重い(比重):Aluminium=2.7、Titanium=4.5、Silver=10.5、Platinum=21.45。
 柔らかい(変形):ビッカース硬度:Silver=251MPa、Platinum=549MPa、Titanium=970MPa
 柔らかい(キズ):モース硬度:Silver=2.5、Platinum=4.5、ガラス=5、Titanium=6、鋼鉄のヤスリ=7.5。
 低耐蝕:硫化現象:硫黄に反応して変色(黒ずみ)ます(密封して保管すれば、変色は防げます)。
 金属アレルギー:アレルギーが起きにくい=金・プラチナとほぼ同等。
 比較的高価:貴金属の中では安価ですが、でも高価な素材です。
シルバーの指輪:変色防止・お手入れ
 シルバーリングに限らず金でもプラチナでも全ての貴金属は、身に付けることで空気中の細かく堅い物質との摩擦により輝きを失わせますので、新品時の輝きを取り戻す為にはお手入れ(磨く)が必要です。
 シルバーリングは、着けたまま温泉に入ると温泉中に含まれる硫黄分と反応(硫化現象)し、30分くらいで黒く変色してしまうので「温泉には入れない」で下さい。
 都会での暮らしの中でも、時間の経過とともに空気中等々の硫黄分と反応(硫化現象)し、茶色から黒色へと変色していきます。
  その硫化現象による重厚感溢れるどっしりした輝き(いぶし銀)は銀特有の魅力ともいえますが、デザインによっては“いぶし銀”が相応わしくない場合もあります。
 ・黒ずみ対策:大気を遮断:シルバーリングの硫化を防ぐ一番の方法は、仕舞っておかずに身に付けて使うこと。
  もしも仕舞っておく場合には、チャックの付いたビニール袋や台所用品のタッパー等に入れて密封し大気との接触を極力防止することです。
 銀食器等は、大きなチャックの付いたビニール袋に並べておけば、黒ずみを気にせずに食器棚や飾り棚に広げてディスプレイする事が出来ます。
 ・黒ずみ除去と再輝1:布タイプ:シルバー磨きクロス(不織布に研磨剤が練り込まれています。
  磨き上がりには変色防止効果も得られます)で磨けば、ひどくない黒ずみならば簡単に取り除くことが出来、同時に元の輝きも戻って参ります(シルバーリング等の塊に有効)。
 ・黒ずみ除去と再輝2:液体タイプ:チェーンや細かな細工ものの奥の奥まで黒ずみを除去したいときには液体タイプが有効です。
 ビン内の液体に数秒間浸した後、水洗いして柔らかい布で水分を拭き取ります。
 黒ずみは除去できても輝きまでは取り戻せないのでシルバー磨きクロスで磨き上げて下さい。
 *液体に浸す時間にご注意!説明書を良く読んでお使い下さい。
 ・キズ対策:普段からキズをつけないように優しくご使用下さい。
 もしも深いキズがついてしまった場合には耐水ペーパー等でいじらずに、シルバー磨きクロスで全体を磨き上げて下さい。
 全体が強く輝いていれば、キズの存在は以外と気にならないものです。
シルバーの指輪:メンテナンス
・当工房で、お買い上げいただいたり手作り一日教室で作られた作品はメンテナンス(状況により=無料 or 有料)いたします。小さなキズなら削り取り元の輝きを取り戻す事も出来ますので再訪される際にはぜひお持ち下さい(郵送可)。
・大きなキズ・深いキズでも諦めないで気軽にご相談下さい(有料の可能性有り)。
・破損の修理は有料で承ります(状態によっては修理が不可能な場合もあります)。
*当工房の作品は全て一点ものなので、その作成技法によっては修理不可能なものもありますので予めご了承下さい。
*当工房以外での制作物については、メンテナンス・修理をお受けしておりません。

プラチナの指輪の金属アレルギー
 プラチナは、金属アレルギーになりにくいことで知られている金属ですが、プラチナの指輪なら安心かというとそうでもありません。実際にプラチナの指輪なのにアレルギーが出て困っていると当工房にチタンの指輪を造りに来られた方も居られます。
 一般的なプラチナの指輪(Pt900=当工房で用いてます)は、プラチナ=90%+パラジウム=10%の合金です。
 10%含まれているパラジウムという金属は、金属アレルギーの反応が出やすい金属として知られていますので、金属アレルギーに敏感な人は、プラチナ自体に反応するのではなくパラジウムに反応してアレルギーが起っているように思われます。
プラチナの指輪:純度:Pt900
 当工房が使用する「Pt900」は、90%がプラチナ+10%がパラジウムの合金で、比較的硬いプラチナ素材です。
当工房が用いるPt900素材は、加工の段階で圧縮されて絞られて規程の寸法までサイズダウンされています。これが意味することは、加工の過程で幾度もギューッと絞られて金属の密度が高い素材であるということです。また、指輪に手作りする工程でも、幾度も金槌で叩かれてギューッと絞まるので、鋳造の指輪に比べると変形しにくくキズも付きにくい強い指輪が出来上ります。
Platinum:特性
 重い(比重):Aluminium=2.7、Titanium=4.5、Silver=10.5、Platinum=21.45。
 比較的強い(変形):ビッカース硬度:Silver=251MPa、Platinum=549MPa、Titanium=970MPa
 比較的硬い(キズ):モース硬度:Silver=2.5、Platinum=4.5、ガラス=5、Titanium=6、鋼鉄のヤスリ=7.5。
 高耐蝕(金属アレルギー):金属アレルギーが起きにくい=チタン・金と同等。
 高 価:価値の高い貴金属です。
プラチナの指輪:お手入れ
 プラチナでもゴールドでもシルバーでも全ての貴金属は基本的に柔らかいとお考えください。
 【モース硬度:Platinum=4.5、Gold=2.5、Silver=2.5、ガラス=5、鋼鉄のヤスリ=7.5】というように、プラチナは貴金属の中では硬い部類に入りますが、身に付けることで空気中の細かく堅い物質(ガラス成分等)との摩擦により輝きを失いますので、新品時の輝きを取り戻す為にはお手入れ(磨く)が必要となります。

結婚指輪もハンドメイド=手作り一日教室:関連情報
料  金
 料金表には、素材費・指導料・磨き仕上げ料の全てが含まれた金額が表示されています。

お支払い
 当日、全額を現金払い(クレジットカードは使えません)です。
お申し込み:完全予約制
 一日教室は、完全予約制で一日一組の受入れとなります(当日のお申し込みはお受けしておりません)。なお、サプライズ・プロポーズなど「人生の一大イベント」の中に当工房での「指輪のハンドメイド」を思案中の方は、こちらをご覧下さい。

開始希望時刻
 開始時刻に遅れて来ても大丈夫ですので、無理せずに安全運転でお越しいただける時刻をご指定ください。

終了希望時刻
 実施当日、「この時刻までには終了したい、工房を出たい」という希望をご指定ください。

キャンセル or 日程変更
 プラチナ以外は、キャンセル(キャンセル料=無し)・日程変更に応じられます。が、当工房では「一日一組」しか予約をとらないため為、先約がある場合には後からのお申し込みはお受けしていないことをご考察いただき、キャンセルや日程変更をせずに済むよう無理な計画を立てぬようお願いいたします。
昼 食:
お弁当をお持ちください(工房の近くには飲食店がありません)。
那須インターからの県道17号線(那須街道)沿いに、コンビニが2軒あります。
お昼タイムは、12:30〜13:30位までの30分〜45分程です。

休 憩:
16:00頃に15分間程の休憩があります(お出しするポットのお湯は“ミネラルウオーター”です)。

ビデオ撮影:
ビデオ撮影や写真撮影は自由に行ってください。

付き添い、お子様:
手作り一日教室は、一日一組しか受け入れませんので、ビデオ撮影の為の同伴者や、お子様連れでも大丈夫です。お子様連れの場合、お子様の動きに気を取られて時間が余計に掛かることが想定されます(お子様の安全は、ご両親が確保してあげてください)。フォームでのお申込みの際には「備考欄」、お電話ではその人数等をお知らせ願います。

初心者&不安:
 これまでに造られた方の100%が始めての方です。手先が器用な方、造る事が好きな方、そうでない方・・・状況はそれぞれに違いますが、クラフトマンが丁寧に分りやすく何度でも解説・手本をお見せしながら進め、たっぷり練習した後でじっくり本番作業を行っていただきます。

工具を巧く扱うコツ:
 クラフトマンの工具扱いは“ベターorベスト”なので、その真似をすれば(同じように扱えば)巧くいきます。
 工具の扱い方のコツを解説中のクラフトマンの一挙手一投足を、注意深く五感で掴み取りそれを練習や本番で活かしてください。
 目で見る時には、細かな部分までよく見て掴み取って下さい。耳で聞くときには、音の質を聞き分けることが大事です。

作業中の傷:
 キズの度合いによりますが、浅いキズなら沢山あっても仕上げの段階で消し去ることができますが、小さくても深いキズは、消し去ることは難しいです。
 深いキズは、気の緩みから生じる事が多いので大事な作業中には気を抜かないこと。深いキズができてしまったときには、活かす方向で考える。
 活かせなかった深いキズは「良い想い出」となります。

仕上げ:
 磨き仕上げは、クラフトマンが行います。
アクセス:関連情報
何処にあるの?:
“創作銀工房おたんこ那須!”がある栃木県那須町は関東地方の北の外れに位置し、
東北地方の福島県に隣接しています

JR電車の最終:
在来線も東北新幹線も「21:00台」が最終便となります。また、19:00を過ぎると1時間に2本しか電車がありません(那須塩原駅の時刻表)。

送迎:できません

最寄りインターチェンジ:東北自動車道
・福島寄りの【那須I.C】=工房まで13km
・東京寄りの【黒磯板室I.C】=工房まで22km

お車:
東京都内〜210km=3.0H(首都高〜東北道)
神奈川県横浜市〜235km=3.5H(首都高〜東北道)
千葉県市川市〜240km=3.5H(京葉道〜東北道)
埼玉県さいたま市〜185km=2.5H(東北道)
茨城県水戸市〜170km=2.5H(北関道〜東北道)
群馬県前橋市〜220km=3.0H(関越道〜北関道〜東北道)
栃木県宇都宮市〜70km=1.0H(東北道)
福島県郡山市〜85km=1.5H(東北道)
山形県米沢市〜175km=2.5H(東北道)
宮城県仙台市〜200km=3.0H(東北道)
新潟県上越市〜350km=4.5H(磐越道〜東北道)
長野県長野市〜300km=4.0H(上信越道〜北関道〜東北道)
富山県富山市〜470km=6.5H(北陸道〜磐越道〜東北道) の距離にあります。

創作銀工房おたんこ那須!は、那須アート工芸家マップを作成し「アート工芸の那須」を応援しています。

Copyright 2001 Nobuo Aono. All Rights Reserved.